エフネスの設立記念日7月27日にちなんで727か所を旅し、その旅の記録をアップする事でNPO法人チャイルド・ケモ・ハウスを支援します!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次にチャイケロがやって来たのは龍山寺(ロンシャンスーと読みます!)
1738年創建というとっても古いお寺ですが、正門には電光掲示板があり、
とても面白い雰囲気です。

No,18 龍山寺
チャイケロat龍山寺1


270年という年月をかけ、たくさんの神様が仏教道教かかわらず一堂に集まり、
いろいろなお願い事に長けた神様が一堂に会する、いわば「神様・お祈りごとのデパート」
となっています。

現地のお年寄りから、日本人の若い女の子たちまで、一心にお祈りしていました。
恋愛成就の為に龍山寺の「赤い糸」を貰いに訪れる人も多いそうですよ。

チャイケロが訪れた時は、ちょうどランタン祭りの時期だったため、
色々な神様の張り子が美しく飾られていました。

チャイケロat龍山寺2

チャイケロはどんなお願い事をしたのでしょうか?

チャイケロat龍山寺3

夢が全部叶うといいな♪

スポンサーサイト
チャイケロがいるのは成田空港、飛行機に乗ってチャイケロが目指すのは
日本から約4時間のフライトで到着する台湾です♪

チャイケロat成田空港


台湾は日本からとても近く、最も近い与那国島との距離はおよそ110km。 
面積は日本の九州とほぼ同じで、日本の約1/10の大きさの小さな島国です。

さて、台湾に降り立ったチャイケロがますやって来たのは、首都の台北にある
超高層ビル、台北101です。

No,17 台北101
チャイケロat台北101


台北101(イーリンイー)、正式名称は「台北金融大樓」
高さ509.2mで、地上101階、地下5階からなり、2004年に世界一の超高層建築物として竣工しました。
現在は世界一の座を中東・ブルジュ・ドバイに譲ってしまいましたが、それでもその高さは圧巻です!
チャイケロが訪れた日はあいにくの曇り空だったので、てっぺんが見えませんでした!

天まで届く大きなビル!チャイケロも、もっと大きくなるぞー♪




さて、チャイケロがやってきたのは同じく那須町にある喰初寺です。

No,16 喰初寺
チャイケロat喰初寺


むかし、黒羽半のお姫様が重い病気にかかり、食事ができなくなったとき、
このお寺に祈願したところお姫様の病気が治り、たくさん食べられるようになった
事から、喰初寺と呼ばれるようになったそうです。

今では、赤ちゃんの歯が生え始める生後100日頃に、赤ちゃんが
「この先一生、食べることに困りませんように」と願いを込めて食事をする真似をさせる
儀式、「お食い初め」を祝うお寺として親しまれています。

チャイケロも、好き嫌いしないでいーっぱい食べて大きくなるぞ!
温泉神社で温泉の神様にごあいさつを済ませたチャイケロは、
長旅の疲れを癒すため温泉で一休み!
やってきたのはここ、鹿の湯です。

No,15 鹿の湯
チャイケロat鹿の湯


むかし、狩野三郎行広という人が山で狩りをした時に、射損じて逃げる鹿
を追って山奥に入っていくと、鹿が傷ついた体を温泉で癒している所を
見つけました。そしてその温泉を鹿によって発見された事から、「鹿の湯」
と名づけた、と伝えられています。

建物は明治時代、玄関は大正時代につくられ、今でもそのままの姿を見る
事が出来ます。


温泉で旅の疲れを癒しましょう♪
さて写真の中、チャイケロはどこにいるでしょーか??(看板に注目!!)

殺生石から遊歩道を歩いてきたチャイケロは那須温泉神社にたどり着きました♪

No,14 那須温泉神社
チャイケロat温泉神社


温泉神社とは温泉の神様を祭った神社です。この那須温泉神社は、
かの有名な平家物語の源氏と平家の「屋島の戦い」の時に、揺れる
船の上の的を見事に射止めた那須与一が、弓を射る前に願をかけた
神社としても有名です!

また奥の細道の松尾芭蕉も殺生石を訪れる前にこの神社に立ち寄り
参拝したそうです。

チャイケロもまずは温泉の神様をにごあいさつ、次はいよいよ温泉へ?!

さて、今回は電車の旅!目的地までのんびりと、車窓からの景色を楽しみます♪

チャイケロat宇都宮線車窓

そしてチャイケロがついたのはここ、日光国立公園の殺生石への入り口。

チャイケロat殺生石入口

なんだかとても怖い名前の石ですが、
むかし、人に化けて悪い事をしていた九尾の狐が退治されて石になり、
それでもなお、有毒なガスをふりまき、沢山の人や動物を困らせた
という伝説から「殺生石」と呼ばれているそうです。
いまでも、ガスが絶えず噴出されているそう・・・
雪に覆われてみる事はできませんが、沢山の岩と一緒にお地蔵様も沢山並べられています!

ごつごつとした岩々を通りぬけ

チャイケロat岩肌


地元の人々が化粧水に変わりにも使用するという湧水を通り過ぎると・・・

チャイケロat湧水


ついに到着、殺生石です!

No,13 殺生石
チャイケロat殺生石

現在はたくさんの観光客が訪れる観光名所となっていますが、
ガスの排出量が多い場合は立ち入りが規制される事もあるそうです・・・

早く逃げなきゃー!




さて、今日は旅はちょっとお休みです。

このブログは、Just Giving Japanでの活動をご報告する為にはじめたブログです。
私たちがJust Givingでチャレンジしているのは、727か所をチャイケロと一緒に旅する事。
私たちが従事する“旅行業界”だからこそできる支援のかたち。
それでも、727の場所を巡るのは一人ではとても難しいです・・・

そこで、チャレンジにあたりエフネスの東京・大阪オフィスで有志を募りました。

「おでかけの時には、チャイケロを旅のお供にして下さい!」

という呼びかけに、

「今度休暇の時には連れ行くね!」
「出張に行くので連れて行きます。」

という、やさしい返答が。

そしてメールに添付されてくるチャイケロの旅の写真を開いて、
国内・海外のいろいろな場所を旅し、なんだか嬉しそうに微笑んでいるように
見えるチャイケロを見ると、思わず笑顔になってしまいます。

時には写真がピンボケだったり、撮影した人の指が一緒に写っていたりして

「うまくとれなかった・・・」
「ピンボケしてしまったから使わなくてもいいよ・・・」

なんて事も。
でも、そんな所にも協力してくれた人の優しさや、一生懸命さが伝わって
とてもあたたかい気持ちになります。

いろいろな人が関わって、どんどん大きくなっていくチャイケモ支援の輪。

もっともっともっと、おおきくなーれ!

さて、タイから日本へと帰国したチャイケロがやってきたのは福山城です♪

No, 12 福山城
福山城


広島県にある福山城は、国の史跡に指定されており、
久松城、葦陽城とも呼ばれ、日本100名城にも選定されました。

ところでこの写真、どこで撮られたものか分かりますか?
実は、JR福山駅のホームで撮影したんです!
この駅が福山城の内堀を埋め立てて造られたお為、こんなに
近くにお城を眺める事が出来るんです。

五重の天守閣は博物館になっているそうですよ!

チャイケロもいつかこんな大きなお城にすんでみたいなー♪

ここはタイのバンコク・プラナコーン区にある仏教寺院
「ワット・プラシーラッタナサーサダーラーム」通称ワット・プラケオです。
エメラルド色の仏像が祀られている事から、エメラルド寺院とも呼ばれています!

ワット・プラケオは、王室専用の寺院で、僧の修行が許されいない事から
タイで唯一、僧侶のいない寺院なんです。

No,11 ワット・プラケオ
ワット・プラケオ本堂


エメラルド仏は高さ66㎝、エメラルド色をしていますが、
実際には翡翠でできているそう・・・

まずはエメラルド仏が祀られている本堂の前で1枚♪

チャイケロatワット・プラケオ本堂

そしてこの黄金の建物はプラ・シーラッタナチェディ
金箔が贅沢に貼られ眩しい程に輝く、金色の仏舎利塔です。

ワット・プラケオエメラルド寺院

目がチカチカしそう!

チャイケロatエメラルド寺院

さて、楽しかったタイへの旅もこれでおしまいです、次はどんな所へ行こうかな♪


チャイケロもビックリする程の大きな涅槃仏(寝釈迦像)があるのが、ここワット・ポー!

No,10 ワット・ポー
ワット・ポー涅槃仏


涅槃物は全長45m、高さは15mもあり、全身を写真に写すのはとても難しいです!
全身は金箔で覆われ、平らな足の裏には美しい螺鈿細工で宇宙観が描かれているそう・・・

殿堂には鉢が108つあり、その中にサタン硬貨というコインを入れ、その音を聞くことで煩悩を
1つずつ捨てる事が出来ると言われています。
大晦日の除夜の鐘と同じですね!

とっても優しいお顔の涅槃仏と一緒に1枚パチリ♪

チャイケロatワットポー

タイの旅は続きます・・・

// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。